治療方法を知ろう

白い花と清潔なタオル

椎間板ヘルニアは、その多くは数ヶ月の間に治療が完了する場合が多く、それも人間の体が持っている自然治療能力によって改善が多く見られれます。 しかし、症状の度合いによっては、手術が必要となる場合がありますが、最近ではレーザー治療によって手術を行います。 椎間板ヘルニアの痛みというのは、椎間板の内圧が症状したことによって神経を圧迫し、それによって痛みを発生させます。 レーザー治療では、皮膚上から数ミリ程度の針を刺し、椎間板中央にある髄核へとレーザーを照射します。 これによって髄核が蒸散し、容量が減少することで内圧が下がり、痛みが軽減されます。 しかし、椎間板ヘルニアのレーザー治療は、まだ保険適応になっておらず、20万円〜40万円程度の費用が必要となります。 もし椎間板ヘルニアのレーザー治療を行うのであれば、医師の方と費用の相談などを行いましょう。

まず椎間板ヘルニアは脊柱の腰の部分の腰椎にある五つの腰椎骨同士の間にある椎間板の髄核という粘性の物質が椎間板の内圧にたえられず椎間板からはみでてしまって、腰椎内の神経に干渉してしまい痛みやしびれ、麻痺などをおこしてしまいます。これは単に干渉してしまって椎間板ヘルニアが発症してしまっているのではなく、干渉してしまったことによって痛みがする場所つまりは椎間板ヘルニアを起こしている部分に炎症が起こってしまっているのです。 レーザー治療ではこの椎間板の内圧を減圧させてはみでてしまっているものをおさえ治療するのが目的となっています。レーザー治療のメリットは全身麻酔、手術に耐えられない患者さんでも受けることができ日帰りも可能ということです。 今椎間板ヘルニアにに悩んでいたりレーザー治療に興味のあるかたはお近くの病院等でレーザー治療の相談をしてみてはいかがでしょうか。